http://este-datsumou.net/

ムダ毛処理あるある

ムダ毛処理あるある体験談を集めてみました

*

本当に恥ずかしかったムダ毛処理の失敗

      2017/07/23

ムダ毛処理の失敗

元々ムダ毛処理は上手い方ではなかったですが

私はムダ毛処理で失敗したことはたくさんありますが、ほとんどが人にばれないようなところでした。
ですので、本当に意味での失敗はあまりしてこなかったつもりです。
ですが、やはり恥ずかしい失敗をしてしまったことがあります。
それは、顔のムダ毛処理のことです。

私は元々処理が上手いほうではありませんでした。
ですので、私としては本当に慎重にやっていたつもりなのです。

ですがその日、私はとても疲れていました。
それでもしっかり処理をしないと、次の日に急いでやらなければならなくなります。
それだけは避けたかったので、頑張ってやりました。

痛みを少し感じました

最初にやったのは、鼻下です。
ここを失敗すると本当に恥ずかしいことになってしまうので、かなり慎重にやりました。
ここはなんとか大丈夫だったのですが、そこえ油断したのがいけなかったのでしょう。

私は頬のムダ毛というより産毛を剃るときに失敗してしまったのです。
ガリッとまではいきませんが、痛みを少し感じました
そこまで痛く無かったのであまり気にしていなかったのですが、鏡を見てみるとなんと傷がついているではありませんか。

とは言っても大きなものでなかったのが幸いですが少し血が出ていましたし、水で洗っても軽く滲むようなかんじでした。
これだと寝ているときに枕に血が滲んでしまうかもしれないと思い、絆創膏を貼って寝ることにしました
翌朝血が止まっていれば万々歳だと思ったのです。

恥ずかしくてたまりませんでした

翌朝、血は止まっていました。
ですが、残念ながら傷がくっきりと見えるようになっていたのです。
しかもその日は一段と寒く、冷気が傷が染みるのです。
私は嫌々ながら頬に絆創膏を貼って出かけることになりました。
なんだか喧嘩をして怪我をしたような絆創膏の位置だったので、からかわれるのではと思っていました。

その予想は当たりました。
友人にからかわれるのはまだよかったのですが、なんと好きな人にまでからかわれてしまい、恥ずかしくてたまりませんでした
それが私の1番の失敗です。

顔は傷だらけに

ですが、このような失敗は何度もしています。
傷ついた位置は毎回違うのですが、傷つけたのは大体休日の前日とかだったので、恥をかいたのはこのときのみです。

幸い傷は残っていませんが、もし全て残っていたら私の顔は傷だらけになっていたことでしょう
さすがに今ではこのような失敗はありませんが、もし今したらもっと恥ずかしいかもしれません。
そうならないように、ムダ毛処理ではこれでもかというほど気を使っています

 - ムダ毛処理失敗談