http://este-datsumou.net/

ムダ毛処理あるある

ムダ毛処理あるある体験談を集めてみました

*

ムダ毛の処理を忘れて体育の授業に出て

      2017/07/24

体育の授業

夏が近づいてきたある暑い日

私はおっちょこちょいではないのですが、昔はムダ毛を剃り忘れて外出してしまったことが何度かあります。
人に決して見られないところ、例えば背中ならまだ良いのですが、顔や足、手などは処理し忘れると本当に悲惨です。

これは私が高校生のときの話なのですが、体育の授業があるときに足の毛を剃り忘れてしまったのです。
冬なら長いジャージを履くので剃り忘れてもなんとかなるのですが、その日は夏が近づいてきたある暑い日で、
長いジャージを履くというのはとても考えられませんでした。

家を出る前なら、遅刻覚悟で急いで、ムダ毛処理をしたかもしれませんが、
気づいたのは学校に行くときだったので、どうにもなりませんでした。
もしかしたら人によっては、学校で剃ればいいのではと思う人もいるのかもしれませんが、
私は到底そんなことは出来ませんでした。

長いジャージを履いて行きました

ではどうしたのかというと、暑いのを我慢して長いジャージを履くことにしました
流石にムダ毛を処理していない足を出すことなど出来ませんでした。
この日がプールの授業でなくて本当によかったです。
それなら見学していたかもしれません。

私が通っていた高校はかなり自由なので、指定のジャージはありますが、
それを着ていなくて怒られるということは一切ありませんでした。

ただ、その日は暑かったため基本はみんな半袖短パンで、私のような格好をしている人はごく一部でした。
完全に浮いてはいましたが、別に悪いことではないため最初はあまり気にしていませんでした。

ですが、急遽長距離走をやることになり、焦りました。
こんな暑い中この格好で、走るというのはいささか危険だと思いましたが
今更見学するなんて言えるわけもなく、走ることになりました。

暑さのあまり倒れてしまいました

不安が体に悪影響を及ぼしたのかどうかは分かりませんが、私は半分ほど走ったところで、暑さのあまり倒れてしまいました。
今思えば、長いジャージを履いていたからかどうかは分かりません。
ただ、熱を上手く発散できなかったのは事実です。
私は体調が落ち着いてから、こういうことが起きることも考えられるのだから、
ムダ毛の処理は絶対に忘れないようにしようと心に誓いました。

それ以降は足のムダ毛処理そのものを忘れるということはありませんし、
学校を卒業したら短パンを履く機会もなくなったので、安心は出来ています。
ただ、処理しなくていいかというとそういうわけではないので、
いつ短パンになってもいいように処理は欠かさず行っています

 - ムダ毛処理失敗談