http://este-datsumou.net/

ムダ毛処理あるある

ムダ毛処理あるある体験談を集めてみました

*

真夏の恥ずかしい脱毛失敗体験

      2017/04/01

水着

海に遊びに行くことになりました

真夏のある日、会社の同期男女数人と海に遊びに行くことになりました。もちろんみんな水着着用です。
その時私はまだ脱毛サロンに通っておらず、全て自己処理脱毛をしていました。
もともとそんなに毛が濃い方ではないのですが、髪の毛は真っ黒で太いように、脇やVIOラインはしっかり生えている方でした。
毎年夏になると毛の処理に四苦八苦しており、その時も同様でした。


スポンサーリンク




男性と海に行くのは初めてで、余計に気を使わなければいけません。
新しい水着を買って準備は万端。あとは毛の処理をどうするか、考えました。
今考えると、その時彼氏もいなかったため全部剃ってしまえばよかったと思います。
けれどさすがにそこまでする勇気はなく、VIOラインを水着からはみ出てしまう部分だけ処理しました

ここで私が甘かったのは、水着を着て動いて、どんな格好になっても問題ないように、
念入りに丁寧に処理をしなければいけなかったのに、それを怠ったことです。
しっかり剃ることに抵抗があったのか、控えめに処理をしてしまいました。
前から見て毛が見えなければいいか、という考えでだいたいの目安で適当に処理をしてしまったがために、
大変なことになってしまいました

見えないか気になって

待ちに待った当日、みんなで浮き輪やボートの買い出しに行き、いよいよ海に行きます。
女性陣も水着になってさあ遊ぼう、となったのは良いのですが、私はやはり毛が見えないか気になってしょうがありません。
確かに前から見る分には問題はないのですが、動いたり走ったりするとなんと中から毛がはみ出しているんです。
私は気が気じゃなくなり、みんなが楽しそうにビーチバレーをしたりすいか割りをしているところを、
ただニコニコと見つめるだけになってしまいました。

その後はもう陸にはいられないと思い、ひたすら海に浮いていました
しかし、その間はいいのですが上がる時にも一苦労です。はみ出ていないかきちんと目視をしたあと、
はみ出ていたらきちんとしまったあと、何事もないように陸に上がらなければいけないため、
視線は常に下を向いていたと思います。
スポンサーリンク



海を全く満喫することができませんでした

誰かに見られたかもしれない、知らない間にはみ出ているかもしれない、
という恐怖心から海を全く満喫することができませんでした。

実際は誰か見た人がいるかどうかは分かりません。
しかし、同期とはいえ赤の他人、そこには男性もいました。女性として脱毛を行うことはマナーです。
詰めの甘い処理をしていた自分を心底悔みました。
この悔しさをバネに、脱毛サロンに通うことになったのは私だけの秘密です。
スポンサーリンク



 - ムダ毛処理失敗談