http://este-datsumou.net/

ムダ毛処理あるある

ムダ毛処理あるある体験談を集めてみました

*

ムダ毛処理の恥ずかしい失敗談

   

165731

見よう見まねで生え始めた脇毛の処理

暑くなる季節、薄着になると気になるのがムダ毛の処理です。
長年、カミソリでの自己処理を行ってきましたが、これまでムダ毛に関しての失敗談は数知れず。

そもそも、ムダ毛を気にし始めたのは、初経を迎えた12~13歳ころのことです。
周りの同級生たちも同様に、見よう見まねで生え始めた脇毛の処理などをし始めました。
水泳の授業があるときに脇毛の処理を忘れてしまったため、仮病を使って休んだこともあります。

高校生になり自分でアルバイトをし始めると、少しお金の余裕もでき電気シェーバーを購入してみたこともあります。
使い勝手はとてもよかったのですが、シェーバーの音が気になり家族に冷やかされたことなどがきっかけで、
それも次第に使うことはなくなりました。

なかったことにしたい出来事のひとつ

当時コンビニのアルバイトをしていたのですが、脇毛の処理を忘れたまま半袖を着て出勤し、
アルバイト先の制服を着たところ、腕を上げるたびに伸びかけの脇毛が見えてしまって困ったことがありました。
その日は一日、腕を上げないように努力して過ごし、先輩たちに笑われてしまい、
とても恥ずかしい思いをしたのを覚えています。
今でも思い出すたび恥ずかしくて、できることならなかったことにしたい出来事のひとつです。

その後地元を離れ大学に通うようになり、友人たちがエステなどで脱毛をし始めました。
私自身もとても興味があり、脱毛をしてみたかったのですが、勉強とアルバイトの生活で経済的にも厳しく、
また、当時とても忙しかったので体験する機会のないまま社会人になりました。

地道にムダ毛と戦っています

結局、20代後半となった今現在も、脱毛に通うことはなくカミソリでの自己処理で地道にムダ毛と戦っています
大学卒業後に地元へ戻ったため、脱毛サロン病院などが近くになく通うことが難しいという理由もあります。

カミソリでのムダ毛処理で肌も荒れたり毛が埋没したりとあまり良い状態だとは言えないかもしれません。
でも、カミソリが一番楽で経済的な気がして、そのほかの方法に目が向かないままここまで来てしまいました。

脱毛をすれば、ムダ毛の処理が甘くて恥ずかしい思いをするということもないのかもしれないと、
今でもたまに脱毛をしようと考える時があります。
しかし、面倒くさがりな私にはたまに恥ずかしい思いをしつつも、適当に自己処理をして、
ムダ毛と付き合っていく方が、性格的に合っているのかもしれません。
それにしても、もう少し肌のケアをしっかりと行って、きれいな肌を目指していきたいと思っています。
スポンサーリンク




 - ムダ毛処理失敗談