http://este-datsumou.net/

ムダ毛処理あるある

ムダ毛処理あるある体験談を集めてみました

*

長いこと脱毛をしなかったことの失敗

      2017/07/29

ノースリーブ

最低限の自宅での手入れだけをしていました

20代30代と顔の美容や化粧品、まはた流行のファッションには凄く敏感で、
お金もそれなりにかけてきましたし、時代の流行にものっかる性格でした。

しかし、何故か?脱毛に関しては凄くうといと言うのか、どうでも良いと思っていた部分はありまして、
無駄毛に関しては最低限の自宅での手入れだけをしていました。

そんな生活を長いこと続けてきたことから、ある時、脇の下や、
手足(特に膝から下)の黒ずみや毛穴の開きが凄く気になる様になりました。

思えば、自宅で手入れをする際にはカミソリで適当に無駄毛を剃って処理をしていたので、
気がつくと毎回脱毛をしていた部分の皮膚が固くなり変色をしてきた事が分かりました。

そう思った時には相当な皮膚ダメージになっていまして、ノースリーブの服を着たり、
水着になる事に凄く抵抗を感じる様になりました。

逆に驚きがありました

周りの友人に言わせれば、顔や衣服に拘る私が脱毛に関して、無頓着だった事が信じられないと言われましたが、
私は周りの同年代の友人が脱毛に関して、凄く敏感になり、ちゃんとケアをしている事に逆に驚きがありました。

その頃から、自宅での脱毛に限界を感じてきた部分がありました。
色々と調べてみると、私の様に脇の下の下や足や腕の変色や毛穴の開きは、
自宅でした無理な脱毛や無駄毛処理によるダメージによるものだという事が、はっきりと分かりました。

普通は自宅でカミソリなどを使って脱毛する場合は、事前に専用のクリームをつけたり、
脱毛後はミスト系の化粧水を使ってケアをするのが普通らしいのすが、私の場合は一切のケアをせずに、
石鹸で滑らせてカミソリをあてたり、面倒な時はそのまま乾いた肌にカミソリを当ててしまう事もありました。

そんな脱毛の仕方をしていたのだから、ある意味、肌の色の変色や毛穴の開きや黒ずみは当たり前だと感じました。

ダメージが酷くなる前に脱毛サロンに

そんな経緯もあって、脱毛はサロンですべきなのかなと考えるようになった時期でもありました。

サロンについて色々調べていくうちに、金銭的にも私が思っていたよりも経済的だったり、
以前の様に脱毛間隔が3ヶ月置かなくても出来る器械などがサロンに投入されている事も分かりました。

お金の事と、時間的な事と、両方の問題がクリアできたと当時に、それ以上、
自宅でする脱毛により肌のダメージが酷くなる前にサロンでの脱毛に踏み切ろうと思った出来事でした。

今までサロンでの脱毛は人事という思いがありましたが、肌のダメージや黒ずみ、
毛穴の開きを経験して、サロンにたどり着けた様な気がしています。

 - ムダ毛処理失敗談